一番安い自動車保険の比較.com

自動車保険、デメリットに感じることってある?

とにかく高い!ほぼ掛け捨てなのにここまで高いの?

おすすめプランでも、年間保険料がかなり高額!事故を起こさなければ掛け捨てなのに、どうしてこんなに保険料はかかるの?

 

自分が不要な補償にまで保険料は出したくない!

ライフスタイルと保険プランがちょっとチグハグ。不要な補償を省いてシンプルに、そしてもっと安くしたいけど、これってできないのかな?

 

代理店との交渉、毎年の事ながら面倒…。

保険代理店の担当者さんとの面談。とても面倒だし高い保障プランばかりで、更新月が怖い!自分のタイミングで保険加入できるのがベストなのに。

 

比較ページへのリンク画像!!

自動車事故に見舞われると、保障や賠償の面でとても不安に思われることでしょう。自動車の破損は軽微なものでも数万円の修理費用がかかることになり、家計を圧迫してしまいます。また、事故当事者間での賠償問題になると、こじれてしまうことも多々あり、事案を長引かせてしまうことも考えられます。

 

ここで必要なのが自動車保険です。自動車やバイクを運転する時は自賠責保険の加入が義務付けられていますが、自賠責には保障上限額があり、複数名が関与する死亡事故や大きな物損事故を起こした場合には保障額では対応しきれないところがあります。それを補うための自動車保険であり、運転手の安心にもつながります。

 

交通事故が起こった際の当事者間の交渉や、関係各所への手続き代行なども委任することができます。また、相手方が任意保険未加入の場合、交渉の手立てを一緒に考えてくれる頼もしい存在でもあります。自動車を運転するなら加入すべき保険といえるでしょう。
でも、冒頭の「自動車保険、デメリットに感じることってある?」という項目に挙げた3つのポイントのように、費用面や加入プランに関するデメリットが不安で、加入していない方も増えていることが事実です。

一番安い自動車保険となると「保障が心配」と、比較もせずに加入検討から外してしまう方もいらっしゃるようです。でも、「一番安い」にはそれを確立するための秘密が隠されていて、みなさんにとってメリットに感じることばかりなんですよ。事故を起こさないから自動車保険は入らなくても良いというものではなく、万一の事故が起こった時に「入ってて良かった」と思えるのが大きなメリットです。

 

ぜひ、一番安い自動車保険の情報を比較検討してみませんか?このサイトは「一番安い自動車保険」に特化した情報を網羅し、みなさんに比較検討してもらえるよう、コラムを交えてお届けいたします。

安くても必要不可欠!自動車保険に欠かせない補償3選

自分にとって必要な補償だけを選べると保険料節約!

パッケージプランで不要な補償に保険料を払うよりは「特約」として取捨選択。もちろん車両・対人・対物だけのシンプルプランがあると便利。

 

24時間365日事故相談ができると便利!

時間を問わず起こる事故。土日や夜間の事故にも即寄り添ってくれる会社を選ぶのがベストです。

 

基本の補償はぬかりなく!しっかり補償を受けたい!

もちろん一般的な対人・対物事故には手厚い補償は欠かせません。同乗者障害や自損事故など、幅広い補償が用意されていることが大切!

 

一番安い自動車保険ってどういうこと?

一番安い自動車保険の比較.comのサムネ画像

大手損害保険会社の自動車保険に加入すると、年間自動車保険料が5~6万円ほどになるのが一般的です。一括前納が基本で、このところでは月払いなど支払い方法も多様化してきましたが、それでも毎月の保険料が家計を圧迫してしまうと悩む方も多いのではないでしょうか。

さて、このところ注目されている「一番安い自動車保険」ですが、「大手と比較すると補償の手厚さに欠けるのでは」と懸念される方がまだまだ多いのが現状です。この「一番安い」秘密を探ってみました。

 

実は、安い保険料を謳っている損害保険会社は「ダイレクト型」「通販型」などと呼ばれています。代理店を持たず、インターネットで加入手続きを済ませることができるタイプの自動車保険を提供しており、代理店を持たないことで人件費や諸経費を大きく抑えることが叶いました。その浮いた経費を保険料の安さに還元しているのです。もちろん安いから補償が手薄になることはありません。

また、ダイレクト型自動車保険では、ユーザーのライフスタイルや予算に合わせ、自由に補償内容を組み合わせることができるよう設定されています。「欲しい補償」と「いらない補償」の取捨選択ができ、これによって保険料をユーザー側が抑えることができるのです。たとえば……

・車は古いから車両保険は、低く設定する。むしろなくても良い
・対人・対物補償は手厚く補償してほしい
・自損事故で自動車保険は使わないようにしたい
・弁護士やバイク、レンタカー費用などは特約扱いでも…

 

このようにライフスタイルに合わせて補償内容を組み立てることができれば、より自分自身の運転状況に見合った保険に加入することができます。もちろん、組み合わせ方によって保険料を抑えることができるので「一番安い」という言葉が成立するのです。大手損害保険会社の同条件の保険と、ダイレクト型保険を比較すると、半額以下で契約できる可能性が生まれます。

車種や車の使用目的、年間概算走行距離などによっても保険料割引が適用されるのも良いところです。「街乗り」程度であれば事故のリスクも減るので、保険料は安くなりますし、「通勤や業務」に毎日自家用車を用いる方でも、ゴールド免許であれば割引が適用されます。こういった細やかな保険料算定ができるのも大きなメリットになります。

 

「一番安い」といっても、万一の事故の際の対応力はどうなの?と疑問に思われる方も少なくないでしょう。代理店扱いの保険や共済保険などでは営業日の営業時間内での対応になることが多く、休日や夜間の対応がなされないことがほとんどです。ダイレクト型保険は24時間365日事故受付窓口を設けているので、突然の出来事にも即対応してくれます。場合によっては担当者が現場へ急行できる体制も整えているので、事故の対応力も抜群です。

ロードサービスも、提携する自動車整備会社との連携によって迅速に対応してもらえるメリットがあるんですよ。比較しても大手損保会社と変わらないことがおわかりいただけましたでしょうか?

 

ダイレクト型自動車保険といっても、大手損保会社系列のグループ企業の場合や、外資系保険会社が日本に事業参入しているというように、信用度は高いので加入時の不安も払しょくできるはずです。これが「一番安い」理由のすべてです。その中でも、どのダイレクト型自動車保険が安くて補償が手厚いのか知りたい!という方もいるはずです。比較するには自動車保険の一括見積もりなどを利用することが一番ですが、ここでもランキング形式にて一番安い自動車保険に関して紹介しています。

 

私自身もかつて加入していた会社ばかりです。ライフスタイルに照らし合わせながら、補償内容の比較検討を行い、よりよい自動車保険に加入してくださいね。

 

 

自動車保険を検討するには、見積りを取り寄せて比較をすることも大切です。車種・年式・現在の走行距離・免許証・車検証などを準備して見積り依頼してくださいね。
要点を紹介するキャラクター

 

一番安い自動車保険はどこ?各社比較をしてみました!

ソニー損保

ソニー損保の特徴

CMなどを通じ知名度が高いダイレクト損害保険会社です。ネットを通じて申し込むことで更に保険料が安くなります。補償も手厚く、保険料も明快です。24時間365日いつでも事故相談を行うことができ、迅速に対応してくれます。

総合評価 評価5
使いやすさ 評価5
掲載情報量 評価4.5
ソニー損保の総評
  • 保険料は走行距離に応じて算出!
  • ネット割引適用でさらにお安く加入可能
  • 保険交渉の満足度も高く、継続加入者も多いのが特徴!
詳細レビューへ公式サイトへ

三井ダイレクト

三井ダイレクトの特徴

MS&ADインシュアランス グループの一員である三井ダイレクト。大手損害保険会社で培った保険事業を反映させているので、対応力が違います。分かりやすい補償内容の組み立てができるので、自分の運転スタイルに合わせた補償が叶います。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4
三井ダイレクトの総評
  • 初めての保険選びに迷った時でも、ガイドの導入で分かりやすい!
  • 問合せ・web窓口の対応は格付け機関による最高評価を得ています
  • 三井のネームバリューはダイレクト保険でも健在です
詳細レビューへ公式サイトへ

イーデザイン損保

イーデザイン損保の特徴

自動車保険事業のパイオニアである東京海上グループの企業です。事故の解決や示談交渉もスムーズで多くの方が短期解決に至っています。業界初の無事故割引の適用で、次年度の保険料が安くなります。安全運転を心掛けている方にお得な保険です。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価3.5
掲載情報量 評価4.5
イーデザイン損保の総評
  • 経験豊富な専任担当者が事故解決をサポート
  • ネット割引適用で、保険料がさらに安くなります
  • 9割以上の顧客が事故対応に満足しています
詳細レビューへ公式サイトへ

アクサダイレクト

アクサダイレクトの特徴

外資系でダイレクト自動車保険に参入した草分け的存在です。ロードサービスなどの対応に定評があり、事故以外のトラブルにも迅速に対応してもらえる魅力があります。万一の事故には担当チームが作られ保険加入者のサポートを行います。

総合評価 評価3.5
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価3
アクサダイレクトの総評
  • 専任の事故担当者が最後までサポートしてくれます
  • 指定修理工場を全国網羅。旅先での車の故障も安心です
  • ロードサービスは標準装備。加入者なら誰もが利用できます
詳細レビューへ公式サイトへ

チューリッヒ

チューリッヒの特徴

外資系ながらも日本で自動車保険を提供して30年以上。世界で保険事業を打ち出している大手の企業です。ダイレクト保険は、信頼できる補償内容として多くの方に支持されています。専任担当者が迅速に対応。保険金は最短手続き完了当日支払いを誇ります。

総合評価 評価3
使いやすさ 評価3
掲載情報量 評価4
チューリッヒの総評
  • 事故受付から1時間以内に対応します
  • 手厚いロードサービス!翌年の契約内容に影響ナシ!
  • 緊急通知機能付きドラレコで万一の事故も迅速対応
詳細レビューへ公式サイトへ

ソニー損保を皆さんにおすすめできる理由はこれ!

契約者優待サービスでレジャーをもっと楽しくお得に!
ロードサービス無料付帯で旅先の車両トラブルも安心
事故受付当日の初期対応を実施!過失0の被害者も安心

自動車保険ならソニー損保がお勧め

 

外資系や国内損保グループ企業などが次々にダイレクト自動車保険に参入している中、なぜ「ソニー損保」をおすすめするのかと言えば、保険料が一番安いことと、高い事故対応力につきます。ロードサービスは無料付帯されていますので、日常の車両トラブルなどでも頼りになります。また、自分に必要な補償だけをセットでき、特約などを取捨選択し、自分だけのオリジナル補償内容をつくり上げることも可能です。

他社保険と比較しても、特約費用も少額ですので、特約を多数チョイスしても一番安い自動車保険をつくり上げることができます。

 

私自身、複数のダイレクト自動車保険に加入しました。いくつかの自動車保険を比較した結果、ソニー損保が一番だという結論に達しました。もちろん、一番安い保険料を打ち出している損保会社もありました。けれど、ソニー損保はもらい事故の時にも的確な助言をくれましたし、わずかな保険料でも大きな補償が得られたことに感謝したいほどです。手厚いフォローは比較のしようがないと感じたほどです。

 

公式ページはこちら

 

クチコミ情報

気遣いをくれた専任担当者さんにとても救われました。

ネームバリュー・保険料が安い・手厚い補償などすべてがそろった自動車保険は他にありません。任意保険の満期が近付いたら、是非ソニー損保の見積りをしてみて下さい。そして他社見積りと比較すると、ソニー損保の良さが分かると思います!

今回自動車保険が更新になったので、ソニー損保に変更しました。今までのところは金額的に少し高いイメージがあったのですが、こちらは保険料が走る分だけととてもお得です。私自身それ程車に乗るわけではないので、このシステムはとても助かります。年間の走行距離で決まるので、普段通勤などで使わず、たまに週末使う程度の人にはこのソニー損保の自動車保険はとても便利だと思います。また、自動車保険に加入をした場合、ロードサービスも気になりますが、ソニー損保のロードサービスは24時間365日全国9000ヶ所のサービス拠点でカバーしてくれるのでとても安心です。

 

また、ロードサービスを利用する際、特に等級に関係なく誰でも利用する事が出来るのですごく助かります。さらに、車だけではなく人もサポートしてくれて、例えば車が壊れてしまい異動出来なくなった場合、交通費や宿泊費までサポートしてくれる事に驚きました。また、土日万が一何かあった際でもしっかり対応してくれるので、ほぼ週末しか使わない私にはすごく助かります。また、ソニー損保の自動車保険?事故解決サービスも充実しており、初期対応のスピードにも定評があるところなのですごく安心して利用する事が出来ます。

 

やはり万が一何かあった際とても不安になってしまいますが、即日対応してくれるのですごく便利です。20:00までに連絡した分に関してはその日の内に、相手への連絡や病院や修理工場までも連絡をしてくれまた対応の結果もきちんと報告をしれくれると言うところもすごく嬉しいです。やはり万が一何か合った際、迅速な対応が求められますが、自分だったらパニックを起こしてしまいどうすれば良いのか分からなくなってしまうと思います。そんな時にソニー損保では代わってしっかり対応してくれるので、頼りになる自動車保険だと思いました。

 

自動車保険で選ばれてナンバー1のソニー損保

ソニー損保では、保険料は走る分だけとうたっているように、普段の使用状況に応じた保険料の支払いとなっていることから、今の保険では高いのではないかと思っている方や、できるだけ保険料を抑えたい方には適したものが見つかるかもしれません。予想年間走行量が少ないほど安くなるという仕組みで、そのため20等級の方でも、さらに走行距離が少ない方は安くなることが考えられます。年間の予想走行距離の上限を超えてしまった場合でも、しっかり保障されるため安心です。その場合、設定していた走行距離区分を変更し、変更後の保険料から変更前の保険料を差し引きした差額を支払うだけでいいとされています。また走行距離が短くなる場合も、翌年へのくりこし割引があるため、その人の生活スタイルにより合わせた保険の形を見つけられるでしょう。

 

ロードサービスは、ソニー損保の自動車保険?に加入している人に無料で付帯してあります。そのため、エンジントラブルなどの車のトラブルがあった場合、電話するだけで24時間365日対応してくれます。また、車だけでなく、車と人両方をサポートしてくれるため、レンタカーや交通費の費用の支払いや、当日帰れなくなった場合最寄りのホテルに一泊の宿泊費の支払いについて保障されています。それぞれグレードなどの条件はありますが、上限なく設定されていたりと、とても優れた保障内容となっています。また事故対応も本人に代わって専任担当とチームでのサポートが付いてくれるため、いざという時安心できるでしょう。

 

ソニー損保で自動車保険に加入するには、店舗へ出向いて申し込む場合と、それ以外に簡単にインターネットからでも、申し込むことができるようになっています。ソニー損保では代理店を通してでなく、お客様とダイレクトにやりとりすることから、代理店型と比べて同条件でも安くなることがあります。これは代理店を通さないことで営業コストがかからず、それによって保険料を抑えることができるという仕組みとなっています。また、現在行なっている特典として、新規でインターネットから申し込むと10000円割引というものがあり、自動車保険の見直しを考えている人にはいい機会かもしれません。

 

比較ページへのリンク画像