ソニー損保

ソニー損保の自動車保険なら納得の割引が受けられる

ソニー損保公式サイトはこちら!

ソニー損保は、ダイレクト自動車保険14年連続売上ナンバーワンの実績を持つ人気の保険です。充実したサービス内容と合理的な保険料算出システムのバランスが良いため、契約者が納得出来る保険商品になっています。


高い評価を受ける事故解決サービス

ソニー損保の自動車保険は、もしもの事故の場合、安心の解決サービスを提供しています。J.D.パワーの2015年から2016年の日本自動車保険事故対応満足度調査によると、損害保険業界では事故対応満足度が2年連続でナンバーワンに輝いていますので、それだけ高い評価を得ていることが実証されたと言えます。24時間365日の事故受付はもちろんのこと、示談交渉も代行してくれるので万が一の時には心強いですね。1事故につき1担当者とチームサポートがつくので、安心のバックアップ体制になっています。また、解決方法が複数考えられる場合には、きちんとメリットとデメリットの説明を受けられるのも信頼出来ます。

ロードサービスを始めとする幅広いサポート

さまざまな車のトラブルに、急いで駆けつけてくれるロードサービスにも定評があります。レッカーが必要になるようなトラブルから、急なパンク、バッテリー上がりなど、外出先で困った時にいつでも駆けつけてもらえる安心感があります。しかも、外出先で車が走行出来なくなった場合、自宅へ戻るための交通費や1泊までの宿泊費など、搭乗者全員の分までサポートしてもらえるのが魅力。外出先で車にトラブルが起こった場合、車両だけ修理すれば良いわけではありませんので、人へのサポートまで充実させているのはきめ細やかなサービスと言えます。ロードサービスのみの利用なら、ノンフリート等級にも翌年の保険料にも影響しないのも大きなメリットです。

走る分だけの合理的な保険料算出システム

普段ほとんど車に乗らない人が、毎日フルに乗っている人と同じだけの保険料を支払うのには不満がありますよね。ソニー損保の自動車保険なら、走る距離が短くなれば事故発生率も低くなることから、走る距離に応じて保険料が相対的に安くなる仕組みを採用しています。3000km以下から無制限まで7区分に分けて予想年間走行距離を算出し、特に9000km以下までの予想であれば、保険料の割安感が大きくなるイメージになっています。しかも、実際に1年が過ぎた後で予想分よりも走行距離が少なかった場合、その分を翌年に繰り越して割引を受けることが出来ます。これなら誰もが納得出来る保険料になりますね。また、始めて契約する場合には、インターネット経由にすることで割引を受けることも可能です。

まとめ

ソニー損保の自動車保険は、顧客満足度の高い事故対応や充実したロードサービス、走行距離に応じた保険料の割引など、契約者が納得して運用出来る保険内容になっています。車だけでなく乗る人のことまで考えた保険と言えるでしょう。


公式ページはこちら

比較ページへのリンク画像